幸せなマタニティーライフのはずが苦難の連続

妊娠中が大変なことはその前から分っていたつもりでしたが、実際に自分が妊娠するとあまりの苦難の連続に憧れていたマタニティーライフが全く出来ず心折れそうになりました。

まず、最初の苦難はつわりの前に頭痛でした。

熱っぽくて頭がズドーンと重くなり仕事も休ませて頂いたほどです。

妊娠したらまずはつわりだと思っていたのでこの時点でびっした。次に妊娠8週目で地獄のつわりに襲われました。

つわりの吐き気は半端なく苦しく、あまりのキツさに「なぜ私だけこんなに苦しいのだ」と旦那を蹴ったり殴ったりしたこともありました。(もちろんそんなに強くではないですが)

さらにつわりで苦しんでいる私に追い打ちをかけたのが唾液!!

よだれつわり(唾液過多症)というものらしいのですが、これが最悪でした!!

まずこんなの聞いてないよです。

よだれつわりって何!?つわりって吐き気だけじゃないのかよって感じです。

とにかく起きているときはずーっと唾液が出続けます。

勝手に口からボトボトこぼれてきます。

常にティッシュで唾液取りです。

調べたらこういう方がまれにいるらしいく、ペットボトルに唾液を入れている方が多いらしいのですが、ペットボトルに溜まっていく唾液を見るのも嫌ですし、やはり唾液なので出したあとのにおいが嫌で嫌でしょうがなくティッシュで取っていました。

1日で2箱使うほどでもったいないと言われましたが、この時期だけなんだから!と言ってティッシュを使用していました。

出かけるときも、仕事中もトイレ中も寝る時でさえもずーっと出続けてうつになりそうでした。

もちろんこの間も吐き気つわりもあります。唯一の助けはネットで同じ症状の人を検索して同じ思いをしている人を探して私だけじゃない!いつかは終わると思い続けることだけでした。

そんなよだれつわりも妊娠8ヶ月目くらいからだんだん減っていきました。

この頃からだいぶ体調もよくなってきましたが、出産直後までお腹が大きくなるにつれて胃が押されるのか、胃液が逆流して大量のゲップと何を食べても酸っぱいという状況になりました。

よだれつわりの時期よりはマシでしたが、やはりキツイです。

妊娠直後は出産の痛みに怯えていましたが、1日で終わるのならばどんなに痛くてもそっちのほうがマシだ!と思うようになっていました。

元気な妊婦さんが羨ましくてしょうがなかったです。

そして、待ちに待った出産がやってきました。

想像していた以上の痛みでしたが、やっと今までの苦痛から解放されると思いながら頑張りました。

(もちろん子供に会えるのが1番の楽しみでしたが)陣痛から約12時間で出産しました。

吐き気もゲップも一気に吹っ飛び、赤ちゃんの顔を見て辛いマタニティーライフでしたが頑張って良かったなと思いました。

まぁこの後も後産(子宮の収縮)で陣痛並みに苦しむのですが。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です