卵巣腫瘍を克服から不妊治療を経て懐妊!

私が、当時23歳の時に両側卵巣腫瘍になり、手術をして時間が経てば通常に戻り、妊娠も可能とのことでした。まだ婚約段階だったので、喜んでいました。

しかし、結婚してもなかなか妊娠せず、再度、調べてみると卵巣は全く成長しておらず、排卵もしていないことが分かり、そこから不妊治療を始めました。

毎月毎月、生理が来るたびに涙を流し辛い日々が3年続きました。

主治医の先生からは人工授精に切り替える時期に入ってきたので、一度ご主人も交えて話をしましょうとのことでした。私たち夫婦はお金をかけて子供を作り、それで本当に幸せなのかよく話し合い考えました。

お互いなかなか答えが出ず、主治医の先生との話し合いの時期が近づいてきました。

これから二人で・・・と考えた

主人からこれからは二人で楽しく過ごしていかないかと言われました。

不妊治療の3年間は本当に辛くて、最初の1年間はまだよかったのですが、そこからは心から愛し合うと言うより人に指示されて行為をさせられてると言う感じで、お互いがとてもしんどくそんな生活をしていると自然と些細なことで喧嘩は増え、険悪なムードになって身も心もお互いが壊れかけていました。

そして不妊治療治療から3年経っていたので、人工授精の話が出たのがきっかけでお互いに向き合って話し合いができました。

私は決心がなかなかつかず、答えが出ない時に主人からこれからは二人で過ごしていかないかと言われ、その言葉にホッとしました。

私も主人も人工授精はやめようと決め、主治医の先生に話をしに行きました。

その話をした後はとても気持ちが楽になり、久しぶりに心に青空がやってきた感じでした。

そして、2ヶ月が過ぎた頃、私が体調を崩して、とてもしんどく熱もあったので、病院に行きました。

内科専門だったので、担当医師に多分妊娠しているので、うちでは見れないので、産婦人科に行ってくださいと言われました。

頭が真っ白になり、先生に間違い無いのですかって聞いたところ、はっきりとはわからないが、尿検査で陽性反応が見られるから産婦人科へ行ってくださいと再度言われました。

私はもう妊娠できないと思っていたので、よくわからず、その足で、産婦人科へ行きました。間違いなく妊娠していました。

すぐに主人に連絡して妊娠したことを告げると黙ったままなかなか言葉が出なくて、少し待っていると本当に?と返ってきました。本当ですよと言ってあとでゆっくり話をしましょうと言って電話を切りました。

私はびっくりしたのと嬉しさとの気持ちがあり、なかなか冷静にいれませんでしたが、不妊治療の時に大変お世話になった主治医の先生のところに行き、懐妊しましたとの報告をしに行きました。

先生も自然妊娠は難しいとおっしゃっていましたので、本当にびっくりしていましたが、すごく喜んでくれました。

いまはもう中学生になっています。

当時のことは本当にいい思い出になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です