妊娠したら食の好みが変わるって本当なんだと実感した妊娠超初期

妊娠すると自分の体なのに、自分でもよく分からない変化がいくつかありました。

その中でも特に食に関しての好みがあまりに変わりすぎてびっくりしました。

夫が太っていて、年中、柑橘系のジュースを飲んだりアイスを食べたりしていて、私はあんまり好きじゃなかったので「冬やのになんでそれ?」と夫をイジったりしていました。

ところがある時、買い物していて無意識にレモンのジュースを自分用に購入していて、アイスもミルク系ではなく、柑橘系の爽やかな物を選ぶようになり「あぁ、夫婦って似てくるって聞いたことあるけど、私も夫に似てきたんかな?体型だけは似たくないわ〜」と笑いながら特に気に留めずに過ごしていました。

それからというもの、食事は「もずくと梅干しとグレープフルーツ」となんだか酸っぱい物ばかりになってきていました。

それでも「あぁそろそろ夏やし今年は早めの夏バテかな?」くらいにしか思ってませんでした。

風邪かな?病院へ

そして数日後、風邪のような症状が出て、病院に行くと妊娠していることが分かりました。

それまで、まさか妊娠しているとは思わず「夫に似てきたんかな?」「夏バテかな?」と呑気に過ごしていたので、仕事中「最近便秘やね〜ん」と下っ腹をグーで叩いたり、仕事帰りにお酒をいっぱい飲んで帰ったりしていたことをすごく後悔したと同時に、食の好みが急に変わったことへの謎が一気に解けました。

それからは妊婦らしく、気をつけて生活し、無事1人目の子どもを出産しました。

産後、慣れない育児に奮闘しながらも気付くと子どもが1歳間近で、歩くようになる程大きく育っていました。

でもふと心の中で不安だったのが「私まだ生理きてないけど大丈夫かな?」というものでした。

でも、2人目を急いでるわけでもないしまあいっか!とこれまた呑気に過ごしていました。

そしてある日急にキャベツが食べたくなり、キャベツの千切りを半玉分切りました。夕食の準備をしながら「このキャベツ美味しいわぁ」とつまんでいると、気付いたらほぼ全部食べていました。

「私こんなキャベツ好きやったけ?」と少し疑問に思ったのですが、「きっと今が旬でこれは美味しいキャベツなんやわ」と思ってさほど気にしていませんでした。

そして数日後、風邪のような症状から、「まさか?」と半信半疑で一応、妊娠検査薬を試してみるとなんと、2人目の妊娠が発覚しました。

生理もまだ再開していなかったので、すごくびっくりしましたが、急にキャベツ大好きになったのも妊娠の影響だったようです。

こういった経験から、妊娠したら食の好みが変わるっていうのは本当なんだなとすごく納得しました。

でも、1人目の時と2人目の時と、食べたくなる物が違うように、何を好きになるかはお腹の子次第なのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です